BUN HACK

高校生ブロガーと言えば?

【2018年度版】ブログのアクセス数を増やす20の方法

f:id:bunntinnmalu:20180101180236p:plain

スポンサードリンク
   

 基本編

①あなたのブログは有益な情報を発信していますか?

有益な情報と言うのは、そのブログを見た訪問者が「役に立った!」「参考になった!」など、あなたのブログを見たことによってなにかプラスのものを得られる情報のこと言います。例えば、ブログで部屋の掃除をしたことについての記事を書くとしましょう。そのブログの訪問者がその記事を見たときに何かプラスのものを得られるでしょうか?あなたが有名人もしくは、あなたのファンでない限り、部屋の掃除の報告なんてどうでもいいことです。はっきり言って他人のプライベートに興味はありません

しかし、部屋の掃除をしたことを有益な情報に変えることも出来ます。それは「どんな風に掃除をしたのか」や「どんな掃除グッズを使って、どうだったのか」のような、訪問者の疑問に応えるレビュー記事です。これは訪問者が実際に掃除をする時に、あなたのブログの情報のおかげで掃除がはかどったり、上手くいく手助けをします。

②誤字脱字、言葉遣いが悪い、用法は間違っていませんか?

記事を書く上での致命的なミスそれは、誤字脱字です。これに関しては言うことはありません。つぎに「言葉遣いが悪い」についてですが、あなたのブログの訪問者が「死ね、カス」等荒々しい言葉を目にしたとしましょう。訪問者はあなたの記事を見たことによって気分は良くなりましたか?ならないですよね?そういうことばかりを書いている記事の需要はありません。最後に気を付けていただきたいのが言葉の用法の間違いです。ここでよく用いられる言葉があります。それが「煮詰まる」。この言葉、多くの人は「良いアイデアが生まれず、議論が停滞する」と解釈していますが、これは大きな間違いで、 実はそろそろ結論が出るというときに使われる言葉なんです。

煮詰まる
読み方:につまる
別表記:煮詰る、煮つまる

煮物を十分に煮込んで水気が減った状態、味の成分が濃縮された状態。転じて、論議が十分に行われて結論が出せるようになった状況を意味する表現。

 引用煮詰まるとは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

③文字数は足りていますか?

日記等のブログ以外を書いている方は、最低1500文字を目標にして書きましょう。文字数が多いほどそれだけ読みごたえのある記事になりますし、文字数が多いとそれだけあなたのブログに滞在する時間も自ずと増えます。そうなれば他の記事を見てくれたり等の次のアクションをしてくれることも少なくありません。しかし、ここで誤解してほしくないのが、ダラダラと記事は書かないということですあくまで必要な情報はきちっと書いて残りはその情報を補足説明する等に充てましょう。

④改行はしていますか?

ここで2つの文章を見てみます。

1つ目

私はブログを書くことが好きです。ブログを書くことが好きな理由は3つあります。1つ目は文章を書くことが好きだからです。私は中学生の頃に文学部に入部して以来文章を書くことが好きになりそれ以来暇があれば書き続けています。2つ目はブログを書いている時だけは嫌なことを忘れることが出来るからです。私は学校があまり好きではありません。学校という場所自体が自分に合わないし、居るだけで息苦しいからです。学校が終わっても、また明日学校があると思うと憂鬱な気分になります。しかしブログを書いている時だけは学校のことを忘れて楽しい気分になることができます。3つ目はブログを通して多くの人と繋がることが出来るからです。ブログで公開した記事は全世界あらゆる場所であらゆる人が見ることができます。私のブログを見てくれる方の中にはコメントを下さったり、私自身がその人のブログにコメントしたりと、筆者読者を問わず沢山の人とブログを通して交流できるからです。

 2つ目

私はブログを書くことが好きです。ブログを書くことが好きな理由は3つあります。

 一つ目は文章を書くことが好きだからです。私は中学生の頃に文学部に入部して以来文章を書くことが好きになりそれ以来暇があれば書き続けています。

 2つ目はブログを書いている時だけは嫌なことを忘れることが出来るからです。私は学校があまり好きではありません。学校という場自体が自分に合わないし、居るだけで息苦しいからです。学校が終わっても、また明日学校があると思うと憂鬱な気分になります。しかしブログを書いている時だけは学校のことを忘れて楽しい気分になることができます。

 3つ目はブログを通して多くの人と繋がることが出来るからです。ブログで公開した記事は全世界あらゆる場所であらゆる人が見ることができます。私のブログを見てくれる方の中にはコメントを下さったり、私自身がその人のブログにコメントしたりと、筆者読者を問わず沢山の人とブログを通して交流できるからです。

 どちらのほうが見やすいですか?聞くまでもありませんが、後者の方が断然見やすいですよね?このように改行がきちっとなされている文章がすっと内容が頭に入ってきますし、なおかつとても読みやすいのです。

⑤カラフルにしすぎていませんか?

ブログを見やすくする方法の一つに文章をカラフルにする方法がありますが、あまりカラフルにしてしまうと「どこが重要な情報で、どこがそうでない情報なのか」が分かりずらくなってしまいますので、色を使う際は3色ぐらいを目安にして、強く強調したい部分は青、のように色も役割ごとに使うことをおすすめします。

⑥記事に統一感はありますか?

ブログでアクセス数を稼いでいくならば書く記事のジャンルを統一させたほうが良いでしょう。というのも都内で美味しくて安い食事処について書いているブログがあったとして、急にダイエット関連の記事を書いてしまったらそれまで読んでいた読者さんは必要な情報を得られなくなってしまったわけなので当然そのブログは見なくなりますし、あなたのブログを訪れた訪問者は記事のジャンルが様々だと「このブログはどんなことに詳しいブログなんだ?」と疑問を抱いてしまいます。出来ることならば専門性の高い一貫した記事を書いていきましょう。そうすれば訪問者も「お!このブログはこんなことにすごく詳しいブログなんだ!」と納得してもらえますしなおかつ信頼して次も見てくれます旬な話題やトレンドを書くブログ以外は基本的に一つのジャンルに統一しましょう。

⑦サムネイルはきちんと選んでいますか?

サムネイルは言わばその記事の「」です。記事の内容が一目でわかるようなサムネイルは読者・訪問者の目を引きますし、その記事がTwitterやFacebookなどで拡散されたときは莫大な力を発揮します。なのでサムネイルを決める際は、

ぱっと見てその記事の内容が理解できること 

つい見たくなるようなものを選ぶこと

を念頭に考えましょう

⑧レスポンシブWebデザインに対応していますか?

これは比較的クリアできている方は多いのですが、まれにスマホ用のデザインに対応していないブログがあります。はっきり言って読みにくいの一言なのでしっかりとレスポンシブ対応しましょう。

実践編

⑨タイトルには数字を入れましょう

例えば、「皮下脂肪を落とす方法」と「皮下脂肪を落とす5つの方法」の2つのサイトがあったとしましょう。どちらとも皮下脂肪を落とす方法を5つ書いていますが、皮下脂肪を落としたい人にとっては後者のタイトルのサイトを見たいと思うでしょう。このようにタイトルに数字を入れることによって、より具体的になるのでハウツー系の記事を書く方は必ずタイトルに数字を入れましょう。

⑩タイトルは短く・分かりやすくしましょう

タイトルは長ければ長いほど内容が頭に入りにくいですし、なおかつ読む気が失せてきます。なのでタイトルは20字以内を目安に、訪問者の目を引きつけるキーワードであったり、数字を入れて競合サイトをぶっちぎる一番のタイトルを目指しましょう。

⑪更新頻度は下げないようにしましょう

これはどこのサイトも強く言っていますが、ブログを書いていく上で更新頻度はとても大切です。何故なら更新頻度が高いと毎回ブログに読者・訪問者が訪れる確率は格段に高まりますし、「このブログは毎日更新しているから毎日見よう!」のように読者の生活の一部になる可能性も格段に高まります。そのため毎日更新とまでは言わないものの3日1回程度で更新していくことがベストでしょう。

⑫新着エントリーを目指しましょう

ブックマークが3つ付くと勝手に新着エントリーに載ります。新着エントリーに載るとバズったり、そこからのアクセス流入があります。なので記事を書いていく時には最低3つブックマークがもらえるような記事作成を心がけましょう

⑬ブログランキングに参加しましょう

ブログランキングに参加して応援クリックを読者や訪問者が押すと徐々にランキングが上がっていきます。ランキングが上がっていくとそれだけでも注目されるので、アクセス数を稼ぎたい人にとってブログランキングの参加は必須と言えます。ちなみにブログランキングには、「にほんブログ村」や「人気ブログランキング」がありますので、是非ランキングに参加してみてください

⑭SNSを活用しましょう

アクセス数を稼いでいく上で一番大切なこと、それは「宣伝」です。いくら良い記事を書いても見てくれる人がいなくては意味がありません。今はTwitterやFacebook等の便利なツールがあるのでフォロワーを増やすなどの拡散力・影響力を強くしましょう。

⑮グーグルアナリティクスを活用しましょう

アクセス数を稼いでいくためにやらなければならないこと、それは「調査」です。誰がどんな記事にどれくらい時間をかけて見てくれているのか、を知ることは今後記事を書いていく上でのヒントにもなりますし、反響の多い記事は何が原因で反響が多かったのかを知り、そこの点を意識して書けば再び大きな反響を得ることも可能です。僕のおすすめの解析ソフトは断然「グーグルアナリティクス」です。これは無料で使えるにも関わらず本当に優秀なソフトなので超おすすめです。

⑯記事数を増やしましょう

記事数が多ければ多いほどSEO(検索エンジン最適化)に効果があります。記事数が多くなればそれほどリンクの数が増えるので検索エンジンからも高い評価を得ることが出来ます。しかしここで誤解してはいけないのが低品質の記事を量産しないということ。いくら記事数が多かったとしても内容がすっからかんでは意味がありません。質と量を意識してたくさん記事を書いていきましょう。

⑰時事ネタ・季節イベントネタを書きましょう

これはトレンド系ブログの方向けなのですが、やっぱり時事ネタ・季節ネタはアクセス数が稼ぎやすいです。そしてそのネタに詳しいサイトほどバズる確率も高まるので、とんでもないほどのアクセス数を経験することも少なくありません。Twitterのトレンド入りやヤフーニュースなどに目を光らせて誰よりも早く記事を公開すればアクセス数の総取りをすることも可能です。

⑱ページの読み込み速度を早くしましょう

訪問者がブログを快適に見るためにはページの表示スピードも重要です。訪問者がページをクリックしてもなかなかページが表示されないと、他のサイトへ移ってしまったりページの読み込みを中止してしまったりします。ページの読み込み速度は記事を読んでもらう以前の問題なので、 

PageSpeed Insights

上のようなサイトを利用して自分のブログの表示スピードを調べてみるのもいいかもしれません。ちなみに上のサイトでは自分のブログのURLを入力するだけで速度を測ることが出来ます。数字が赤色だった場合は、相当ヤバい状態なので画像やHTML・CSSを圧縮するなどの処置を取ることを推奨します。ちなみに緑色であれば、Googleはパフォーマンスが高いブログだと評価しています。

⑲トレンドを先読みしましょう

流行を予測することはそう難しいことではありません。TVのワイドショーで紹介された商品だけどインターネット上にはその商品に関する十分な情報サイトがなければこれは大きなチャンスです。TVで紹介するということはTV局も今後流行ると見込んで紹介しているわけです。そういった流行る前の一押しネタを誰よりも先に察知し誰よりも詳しい記事を書く。これさえできればあとは待つだけです。

⑳キーワード対策をしましょう

訪問者が必要としている情報を持つ自分のブログに誘導するためにはキーワード対策がかかせません。キーワードを入れる部分は「タイトル」「大見出し」「中見出し」「文章中」の4つです。中でもタイトルのキーワード対策は超必須です。どんなキーワードを使えばよいか考える際役立つのが

http://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

というサイトです。このサイトで関連するキーワードや複合キーワードを調べたり、キーワードのボリュームと競合性を調べることもできます

最後に

最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。そしてお疲れ様でした。この方法を多くの方に見てもらい参考にして頂きたいので、ブックマーク等の拡散をお願いします。

スポンサードリンク