BUN HACK

高校生ブロガーと言えば?

【2018年度版】人気の在宅ワークサイト5選

f:id:bunntinnmalu:20180203075424j:plain

スポンサードリンク
   

はじめに

昨今主婦層の間で「クラウドソーシング」と呼ばれるクライアントとコントラクターをつなぐサービスが急増し、TVのワイドショー等でも取り上げられる日が多くなりました。今回はそんな広がりを見せる在宅ワークを取り扱う在宅ワークサイトについてご紹介したいと思います。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシング(crowdsourcing)とは、群衆(クラウド)に発注(ソーシング)するという意味の造語で、発注者(クライアント)がオンライン上で受注者(コントラクター)とつながり、仕事を依頼することができる仕組みです。

CrowdWorks(クラウドワークス)

f:id:bunntinnmalu:20180203075424j:plain

  1. クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングです。ユーザー数は168万人、仕事依頼数は160万件と、他のクラウドソーシングとは比べ物にならないほどの規模を誇るサイトです。仕事カテゴリーはシステム開発、アプリ開発、ウェブ制作、ロゴマークやチラシのデザイン、ライティングなどを始め、延べ200種類以上にも上ります。また、在宅ワーカー同士がコミュニケーションを取り合える「おしゃべりルーム」が用意されていているので、気軽に質問や相談が行えます。また、他のものに比べると比較的簡単で気楽に出来るので初心者の方でも参加しやすいです。
  2. 日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

Bizseek(ビズシーク)

f:id:bunntinnmalu:20180203081030p:plain

  1.  ビズシークの最大の強みは、何と言ってもシステム手数料が業界最安値となっている点です。内訳は、10万円超の部分は依頼金額の5%、10万円以下の部分は依頼金額の10%となっています。例えば依頼金額が300,000円の場合、Bizseekならシステム利用料20,000円(200,000円×5%+100,000円×10%)ワーカー報酬280,000円となります。これがランサーズならシステム利用料35,000円(100,000円×5%+100,000円×10%+100,000円×20%)ワーカー報酬265,000円なので、その差は15,000円分にもなります。またビズシークは初心者に優しいクラウドソーシングとしても有名なので、分かりやすい画面はもちろん、初めての利用者のための「仕事を始めるまでの流れが詳しく説明されたご利用ガイド」が用意されています。また実名登録が基本のため、仕事依頼者からの信頼を得られやすく、他サイトよりも良い条件の仕事が得られやすいのも特徴です。
  2. https://www.bizseek.jp/

Lancers(ランサーズ)

f:id:bunntinnmalu:20180203082615p:plain

  1. ランサーズは、クラウドソーシングサイトとして国内初であるともに国内でトップクラスの規模を持っています。初心者向けから専門的なものまで、数多くの仕事が募集されており、エンジニアやデザイナー、ライターなどに、141カテゴリの依頼が可能です。またKDDI・Yahoo!を始めとした大手企業も利用しているため、その信頼度は抜群です。また実績を積んでいくと、依頼者から直接お仕事の依頼をされることが多いのも特徴です。ランサーズは主に2つの仕事方法に分けることができます。一つ目はクライアントの依頼に対して直接仕事をして、その中から1つが採用される「コンペ方式」と、依頼に対して仕事の計画を出して、クライアントから選ばれれば仕事ができる「プロジェクト方式」の2つがあります。その他にもLancersマッチングアドバイザーと呼ばれる人が、フリーランスとのマッチングに課題をもつ企業に対して、お仕事に最適なフリーランスを獲得代行してくれる点も評価されています。
  2. クラウドソーシングなら日本最大級の「ランサーズ」

シュフティ

f:id:bunntinnmalu:20180203085254j:plain

  1. シェフティは、その字の如く、主婦専門のマッチングサイトです。家事や育児と並行して行える仕事が募集されています。他のクラウドソーシングと変わっている点としては、作業報酬をシュフティ独自のポイントで受け取る点です。受け取ったポイントは現金に換金することができます。またシュフティ独自のオンライントレーニングが用意されていて、「在宅ワークナレッジ講座」や「ライティング講座」といった講座があります。利用は有料ですが、非常に実践的な内容となっているので、クラウドソーシングで仕事をしていくのであれば利用しておきたい所です。その他「在宅ワークマガジン」というサイトが併設されており、その中にクライアント・ワーカー双方のインタビューが掲載されていますので、在宅ワークのイメージが沸かない方は参考にしてみるのも良いかもしれません。とりあえず主婦の方は、登録しておくことをおすすめします。
  2. 在宅ワークの求人募集、お仕事で稼ぐならシュフティ

Sagoooワークス(サグワークス)

f:id:bunntinnmalu:20180203092917p:plain

  1. サぐワークスは、18万人以上の在宅ライターが登録している、在宅ライター専用のマッチングサイトです。豊富なテーマと150文字程度から1,000文字程度の文字数で記事作成ができるので、自分にあった文字数で記事作成ができます。また、作業報酬はポイント制で、1ポイント1円と分かりやすい点と現金の換金に関しても他のクラウドソーシングサイトに比べて比較的早く、Amazonポイントの交換であれば交換手数料が無料なので利用者にとっては嬉しいですね。また実績を積んでいくごとに、レベルと経験値がUPし、100レベルまで到達すると10万円分のポイントがもらえるところもおすすめする理由です。そして何と言っても、サぐワークスはキャンペーンが豊富なので、それらのキャンペーンを上手く合わせるとかなり稼ぐことが出来ます。何かを伝えるのが好きな人や、本格的にライターを目指したい人にはおすすめのサイトです。
  2. 国内最大級!ライティングで稼ぐ在宅ワーク【サグーライティング】|在宅ワークの【サグーワークス】

最後に

今話題の在宅ワークサイトを5つ紹介しましたがいかがだったでしょうか?少しでも気になるサイトはありましたか?これにて「人気の在宅ワークサイト5選」の紹介を終わりたいと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
   

こちらの記事もおすすめです

スポンサードリンク