大学生になったら作る予定の新メディアの概要説明

この記事をシェアする

GWというつかの間の大型連休ももう既に終わり、社会人の皆さん並びに学生の諸君は、また憂鬱な日が始まりましたがいかがお過ごしでしょうか。

どうも皆さんお久しぶりです!高校生ブロガーのぶんたでーす。いや~久しぶりですね~。4月22日以来の記事以降全くブログの更新をしていなかったわけですが、それもそのはず、わたくしぶんたは受験生であり、国公立大学を目指す身であるがために、時間の許す限りはいわゆる"受験勉強"に精を尽くさねばなりません。

周知のようにセンター試験は2020年1月(2019年度)の実施を最後に廃止され、2020年度(21年1月)から新しい共通テスト「大学入学共通テスト」に移行することが決まっています。これってめっちゃ大きな出来事で、今まではマークシートだけだったテストになんと「記述式」が追加されるんですよ。まぁ簡単に言えば、「考える力」が今以上に試されるってことです。でもラッキーなことに、僕の世代と次の世代はまだ「大学入学共通テスト」ではなく、今まで通り「センター試験」を受験することになります。

ただ、新しいテストが始まることに際して、今までの「センター試験」に「考える問題」、例えば資料をみて何が読み取れるのか、そして読み取れる内容から分かるものは何か、を問う問題が増える可能性が大いにありますので、常日頃から、「考える力」を鍛えておく必要がありそうです。

さて、今日はですね、受験の話をするわけではなく、大学生になったら作りたい新メディアについて皆さんに説明したいと思います。

新メディアとは

僕はブロガーなので、文章を書くことは得意、、、というより好きなので、大学生になってもブログを書き続けたいとは思っているのですが、最近複数人で運営する情報メディアなんかを作りたいなぁ~なんて思っているんですよ。で、その情報メディアというのは、日常で話題になったことをメインに、面白い企画・検証企画などをどんどんやっていくメディアで、最低2~3人、多ければ5~6人で運営していきたいと考えています。活動内容としては、
  1. 日常で話題になったネタと各自が考えたネタを記事にする

が活動の9割近くを占めています。その記事にはもちろんアドセンス広告を張って広告収入を稼ぎで活動資金にするとともに、自分たちのお小遣いの足しにする予定です。あと考えていることは、誰でも自由に記事を投稿できるボックス(ネット上に)を設置して、記事を書いてくれた方には、基礎原稿料とその記事が稼いだアクセス分のボーナスを支払う的なこともやりたいと考えています。

まだ全然何も決まっていないので、薄っぺらい概要となっていますが、大学生になったら(それ以前に大学に合格しなければいけませんが(笑))しっかりと決めていきたいと思います。もしこの時点で「面白そう」や「自分もやってみたい!」という方がいましたら、コメント欄なりで伝えていただけると助かります。

まぁ今日はこんな感じで終わりたいと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。