BUN HACK

謙虚になります。

【世紀末の味】ニンニク入りのコカ・コーラを飲んでみた結果...

薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士が1886年にアメリカのジョージア州アトランタで「コカ・コーラ」を発明してから38年。人類はこの何とも言えない味と、飲んだ後の爽快感に心惹かれてきたのである。

どうも皆さんこんばんは!高校生ブロガーのぶんちんでーす

今日はですね、なんと青森空港の土産店で"とんでもない商品"を見つけてまいりましたので、ご紹介したいと思います。

え?ちょっと待って、なんで青森空港なの?

そう思ったあなた!実はですね~おととい爺さんとひい爺さんとひい婆さんの法事(七回忌、二十三回忌、三十三回忌)のために学校を公欠しまして日帰りで青森に行っていたんです。でまぁ帰りの便を待っているときに、「どうぜ青森まで来たのなら、何かブログのネタになるようなものを見つけておこう」と思いまして、4軒くらいある土産店をそれぞれくまなく物色したところ、ブログの記事には最適な商品を入手することができたんです。

では、さっそく登場していただきましょう!

空前絶後のニンニクコーラこと「ジャッツタッコーラ」です!

f:id:bunntinnmalu:20180511200853p:plain

 容器は瓶で300円というかなり高価格な値段で販売されているこのジャッツタッコーラはその名とは裏腹になんと、ガーリックパウダーが原材料として入っている異色の炭酸飲料です。なぜニンニクなのかというと、知っている方も多いと思いますが、青森県はリンゴと並ぶほどにニンニクが有名な産地で「黒にんにく」は高級食材としてあがめられているほどなんです。ちなみに黒にんにくっていうのは、にんにくを発酵させたもので甘みが普通のニンニクより強いのが特徴です。では長話も早々にさっそく飲んでみましょう!

ん?なんか変なにおいがするぞ!なんじゃこの生臭というか・・・これが噂のガーリックパウダーの仕業なのか?一口ごくり・・・ん?いやいやいやいやいやいやこれさぁ~もうそのままなんですけどー。コカ・コーラに単純にニンニク入れただけの味なんですけどー。食レポもくそもないほど単調な味。なんじゃこりゃ!なんていうか、もう普通にコカ・コーラにニンニクを入れた感じです。ジンギスカンキャラメル(北海道の最悪キャラメル)と通ずるものを感じる。こりゃダメだ飲めたもんじゃない。

f:id:bunntinnmalu:20180511201648j:plain

はい!というわけで、最悪の炭酸飲料を飲んだわけですが、僕も18年生きてますが、これほど珍しいというか、確かに、確かに好奇心で「青森県の有名なニンニクをコカ・コーラに入れたい!」という気持ちも分からなくもないですが、流石にこれはアウトですね。残念!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。