【大ピンチ!】高校生ブロガー界が滅亡寸前の危機!

この記事をシェアする

Twitterでフォローしている高校生ブロガーさんの記事投稿がここの所少なかったので、「あれ~?」と思いブログを確認してみたところ、ほとんどの方が全滅(1か月以上更新していないor記事がない)しているという残念でならない結果になってしまったので、今回は「【大ピンチ!】高校生ブロガー界が滅亡寸前の危機!」と題して、高校生ブロガーが激減している問題に対して、現役高校生ブロガーのぶんたが簡単に所感を述べていきたいと思います。

高校生ブロガーはそもそも数が少ない

まず第一に高校生ブロガーってそもそも数が少ないです。少ない理由としては、そもそも高校生が「ブログを書こう!」なんて一般的に考えて思いませんし、仮に思ったとしても1週間アクセス0の試練に耐えられるかどうかと言ったら、恐らく耐えられないでしょう。つまり、9割近くの高校生は1週間もしないうちにブログなんて辞めてしまうのです。それが普通です。今の時代はかなりネットが普及しているので、「ブログで月10万」なんて甘い言葉に乗せられてブログを始める高校生は毎年一定数いると思いますが、今まで無知だった世界に飛び込んだところで、の話なんですよ。続けられるわけがないんです(笑)僕みたいに相当ブログを書くことが好きな人か、しっかりと目標が決まっていてそこに向けて取り組めるだけの力があるならば1か月でも2か月でも続けられると思いますが、これからブログをはじめようと考えている高校生にそれだけの覚悟があるかどうかは正直分かりません。

高校生ブロガーの最大の敵「受験」

無事に「高校生ブロガー」としてデビューしてもまだまだ試練は終わりません。なぜなら高校生ブロガーの最大の敵と言っても過言ではない「受験」が待っているからです。これは日を追うごとに迫ってくるので、学年が上がるごとに比例してブログを引退する高校生も増えてきます。これに関しては自分の将来がかかっていることなので、無理にブログを続けろとは言いませんし、ブログを続けたために受験に失敗しては取り返しのつかないことになるので、もうしょうがないです。はい(笑)

結論

高校生ブロガーは受験があるからブログを辞める

故に高校生ブロガーは必然と数は少なくなっていく。

 

はい!というわけで、結論がもう~ありきたりな内容で大変申し訳ないのですが、これ以外に理由が考えられませんので、許してちょんまげ(笑)

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。