猫を見て「可愛い」としか表現できない状況をなんとかする

この記事をシェアする

うも!高校生ブロガーのぶんたです。

突然ですが皆さんは、「可愛い」という言葉を1日に何回使いますか?

僕はそんなに使わないほうですが、僕のクラスではこれらの言葉を使っている人がかなり多いように思います。特に女子なんて使わない日はないくらい使っているんじゃないかなと思います。

そこで僕の中で一つの疑問が生まれました。

それは「可愛い」という言葉がなくなってしまったら、日本人はかなり困るのではないかという疑問です。

一つ実験してみましょう。ここに3匹の子猫を用意しました。

f:id:bunntinnmalu:20180617165157j:plain

f:id:bunntinnmalu:20180617165208p:plain

f:id:bunntinnmalu:20180617165520j:plain

さて、あなたはこれら3匹の猫を見た時になんて思いましたか?

恐らく全員「可愛い」と思ったはずです。

まぁ実験する前から結果は分かっていたことですが、これらの猫を「可愛い」以外で表現できない日本人はかなり危機的な状況に陥っていると考えられます。

また、何か驚いた状況や到底理解のできないことが起きてしまった時に、その状況を「ヤバい」としか表現できないことも同様です。

では、なぜこれらの感情や状況を「可愛い」や「ヤバい」と言った単語でしか表現できないのでしょうか。

僕なりの見解はこうです。

日本人独特の習慣・感性

皆さんが知っているかは分かりませんが、実は「可愛い」を表す同義語は数多く存在します。

その一例を示すと

愛くるしい

愛らしい

チャーミング

めんこい

スイート

などなど挙げればきりがありません。

参考:可愛い

これだけ「可愛い」を表す同義語があるにも関わらず、猫など見た時に「可愛い」としか表現できないのであれば、これは単純に日本人の語彙力不足に他なりません。ただ日常生活において、「めんこい」や「スイート」と言った表現はかなりマイナーな存在であり、普及しづらかったという理由も排除できません。ということは、逆にこれらの同義語を普及させれば日本人の語彙力改善につながると思ったら、そんなに甘くはありません。というのも、日本人というのは新しい言葉を受容する感性はとても育っているのですが、古い言葉・今まで使われてこなかった言葉を再び使うことに何かしらの抵抗を感じる生き物です。また、猫といった視覚的な癒しやリラックス効果を与える情報に対して、日本人はあまりにも「可愛い」という表現を使いすぎているために、日本人の言葉の世界では、「可愛い」は確固たる存在として確立されています。つまり、「可愛い」以外の同義語を普及する活動を仮に行ったとしても上記で述べた2つの要因によってその活動は、ほぼ無意味な活動なってしまうのです。となると、「可愛い」以外の「可愛い」を表現する言葉を普及させるためには、新しく「可愛い」を表現する言葉を作る、もしくは海外から新しい「可愛い」を日本に普及させなければなりません。しかし日本人というのは、猫や犬と言った動物、小物、食べ物、人、工業製品、などなんでもかんでも「可愛い」と済ませてしまうので、単純に英語での「可愛い」表す「cute」では間違った使い方をしてしまうことになります。つまり、海外から「可愛い」を表す言葉を普及させたとしてもその言葉の意味が「物体に対しての可愛い」なのか、「人に対しての可愛い」なのか、などまで考える必要があります。ここで話をまとめると

①日本人は「可愛い」を使いすぎている。

②「可愛い」を表す同義語はいくつもあるが、それは使ってはいけない。

③「可愛い」を表す単語を新たに作るか、もしくは海外から「可愛い」を表す単語を日本に普及させる必要がある。

④日本人は何でもかんでも「可愛い」を使うので、オールマイティ、どんなものでも「可愛い」の意を表す海外の単語を見つけなくてはならない。←今ここ

とりあえずGoogle翻訳で各国の「可愛い」に相当する単語を洗いざらい挙げる

アイルランド語「Gleoite」

アイスランド語「Sætur」

アゼルバイジャン語「Sevimli」

アフリカーンス語「oulike」

アムハラ語「ቆንጆ」

アラビア語「جذاب 」

アルバニア語「cute」

アルメニア語「cute」

イタリア語「carino」

イデッシュ語「קיוט 」

イボ語「Mara mma」

インドネシア語「Imut」

ウェールズ語「cute」

ウクライナ語「Милий」

ウズベク語「Sevimli」

ウルドゥー語「پیاری 」

エストニア語「Armas」

エスペラント語「cute」

オランダ語「leuke」

カザフ語「Милый」

カタロニア語「Valent」

ガリシア語Bonito

ギリシャ語Χαριτωμένο

キルギス語cute

クジャラート語ક્યૂટ

クメール語គួរឱ្យស្រលាញ់

クルド語cute

クロアチア語sladak

コサ語cute

コルシカ語cute

サモア語Lelei

ジャワ語cute

ジョージア語საყვარელი

ショナ語cute

シンド語پيارا

シンハラ語හුරුබුහුටි

スウェーデン語söt

ズールー語cute

スコットランド・ゲール語cute

スペイン語Lindo

スロバキア語roztomilý

スロベニア語Lepo

スワヒリ語Mzuri

スンダ語lucu

セブアノ語cute

セルビア語Слатко

ソマリ語cute

タイ語น่ารัก

タガログ語cute

タジク語Садои

タミル語அழகிய

チェコ語Roztomilý

テルグ語అందమైన

デンマーク語cute

ドイツ語Niedlich

トルコ語sevimli

ニャンジャ語Wokongola

ネパール語प्यारा

ノルウェー語søt

ハイチ・クオレール語cute

ハウサ語cute

パシュトゥー語ښه

バスク語cute

ハワイ語Kuhi

ハンガリー語csinos

パンジャブ語ਸੁੰਦਰ

ヒンディー語प्यारा

フィンランド語söpö

とここまでずっとGoogle翻訳で「可愛い」を表す外国語を探してきたわけですが、ついに普及しそう、かつみんなも知っているあの単語と似ている響きの単語を見つけることが出来ました。

それがなんと

フランス語のMignon(ミニョン)です

皆さんどこかでこれっぽい発音の単語聞いたことありませんか?

これならわかると思います。

ミニオン。そうあれですよ。あの黄色いやつです。

f:id:bunntinnmalu:20180617183523j:plain

ミニョンとミニオン、ミニョンとミニオン

響きもごり押しですが似ていますし、ミニオンは日本でもかなり有名ですし、ミニオン自体が「可愛い」的存在ですし、こりゃもうミニョンしかありません(笑)

つまりこういうことです。

「ミニオン」=可愛い的存在

「ミニョン」=フランス語で「小さくて美しい,かわいらしい,愛くるしい」という意味。

一致しますね!!!

結論

日本の新しい「可愛い」を表す単語は「ミニョン」です!

やっと見つかりました!

これで解決です!

あとはこれを普及させるだけです!

なのでみんな拡散よろしく!

てなわけで今日はこの辺で

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。