不労所得の仕組みを実現するために必要なことを考える

この記事をシェアする

こんばんは、高校生ブロガーのぶんたです。

 

4時間ほど前に、とある記事を書いたんですが、後から調べてみたらがっつり規約違反だったので消しました(危ない危ない)

 

世間話になりますが、今日も神奈川は非常に暑い1日となりました。

 

僕の部屋にはエアコンがないので、基本的には扇風機で我慢するのですが、流石に13~14時にかけてはどうにも暑くて暑くて作業にならないので寝ることにしています。

 

「暑くて寝れるわけないじゃん!」と思うかもしれませんが、フローリングや廊下はとても涼しいので、案外寝れます。

 

そうすると「こんなとこで寝るんじゃない!」と母に注意されるのですが、僕は何と言われようが蹴られようがお構いなく寝続けます(笑)

 

さて、今日は何を話そうかなぁ~と思ったのですが、僕が書けることは基本的にネットビジネスのことばかりなので、今日もそれに関するお話していきたいと思います。

 

「不労所得」

 

ブログを書いている人なら誰でもあこがれるものですが、なかなか実現するのは難しいです。

 

僕ですら、ネットではある程度の収入を得ていますが、基本的に自分が動かないと収益を生み出せないので「不労所得」とは言えません。

 

時給2000円くらいで従業員でも雇おうかな~なんて一時期は考えましたが、雇うとなると色々と手続きや申請を出さなくてはならないのでやめました。

 

ただ、個人的には今の作業を「苦」とは思ってはいないので、別に不労所得ではなく、「有労所得」でもいいのですが、やはりネットビジネスで稼ぐ者たるもの、「不労所得」を実現することは、ある意味ノルマであり、ある意味目標でもあります。

 

とすると、やはり従業員を雇うのが一番言近道なわけですが、僕の下、つまり高校生の下で働きたい大人なんているのか?と思うわけです。

 

先ほども言った通り、時給2000円なので、そこら辺のバイトよりかは比べ物にならないほどの給料なので、募集をかければわんさか出てくると思いますが、一応、僕が稼いでいるノウハウを教えなければならないので、信頼できる人を見つける必要があります。

 

人を見る目には自信はありますが、なんせ社会も知らない高校生ですから、僕を騙そうとするやつらもきっと来るでしょう。

 

お恥ずかしい話、僕は一度詐欺に引っ掛かりそうになった(ギリセーフ)過去があるので、プロの詐欺師だったら多分騙されてしまうでしょう。

 

まぁ騙されたところで、別に害はないので、ノウハウを盗まれるくらいで済む話ですが、仮にそのノウハウをPDF化され、販売されたらかなりヤバいですw

 

というか、それ以前に事務所がないので、働かせるとなると僕の家に来させる必要があります。100歩譲って、一応商売が「ネット」を使ったものなので、リモートワークでもいけなくはないですが、ちょっと心配ですね。

 

とりあえず「不労所得」を実現するためには、従業員が必要ということが分かったので、もし高校生の下で働いても全然問題ない、むしろ働きたい!という方はご連絡ください。

 

てなわけで今日はこの辺で

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。