結局は適当が楽で楽しいのかも

この記事をシェアする

皆さんこんばんは。高校生ブロガーのぶんちんです。

 

学校が終わって速攻で家に帰って、自分のブログを客観的に見つめてみたのですが、なんか自分の思い描いていたブログじゃないことに気づきました。

 

というのも、ブログを始めた最初の頃は、マックの店員に「スマイルください!」と言う企画をやってみたり、近くの公園でどんぐりを拾ってどんぐりクッキーを作ったり、ラーメン二郎の一番大きいサイズを頼んで食べてみたりと、バラエティーに富んだ記事を書いていたのですが、意識高い系ブロガーさんの影響で、「稼ぐ記事」を書かなければならないというマインドに変わってしまい、今年から5月くらいまでGoogleさんの顔色を伺うような記事ばっかり書いてきました。

 

そこから、とあるビジネスと出会い、それに関する記事を書いたり、ココナラで稼ぐ系のノウハウ記事を書いたり、デスソースキャンディーを作ったり、ブログの方向性がよく分からなくなりました。

 

その後、「1MillionProject」とか「究極漢」とか、これまたよく分からない企画を始めたのですが、基本的にビジネスの自慢がメインだったので、自分でもこれは面白くない記事だと感じていました。

 

一体自分は何が書きたいのか今一度考える必要がありました。

 

一応これでも1年以上ブログは書いているので、ノウハウは人並み以上にありますし、稼ぐブログに作り替えることもできます。

 

ただ、それをやってしまうと、なんとなく自分の個性がなくなるような気がするというか、他のブロガーさんが見た時に「ああ、こいつも金目当てか」と思われそうなので、ぶっちゃけやりたくない。

 

かと言って、面白そうなこと・ふざけたことをやり続けるのもなんか違う。

 

今のところは、ビジネスで稼ぐためのノウハウや考え方などを書いていきたいと思っているのですが、また違う方向性に行くかもしれない。

 

まぁ、これからは深く考えずに気楽に書いていきたいと思います。

 

なんか適当ですいませんね(笑) 

 

お相手はぶんちんでした。