行動せざるを得ない環境・仕組みを自分で作り出すということ

この記事をシェアする

f:id:bunntinnmalu:20181110134126j:plain

皆さんこんにちは!高校生ブロガーのぶんちんです。

 

10月31日に25800円する出会い系の情報教材を買って、ワードプレスでサイトを作って、17000円する「diver」って言うアフィリエイトサイト向けの有料テーマを購入して、アダルトOKなレンタルサーバーでサーバーを借りて、ドメインを購入して、そんでもって、11月6日までノウハウをインプットして、ブログを更新しなかった3日間で、作業して作業して作業しまくって、眠い目をこすりまくって、死にもの狂いで平均文字数3500文字の記事を30個書いて、アフィリエイトリンクを貼り付けて、やっとの思いで、出会い系のアフィリエイトサイトが完成しました。

 

期間としては2週間もないのですが、1日あたりの作業の内容がとても濃いので、サイトを作成するまで1ヶ月もかかりませんでした。

 

で、今日はですね、何を話すのかというと、ずばり「行動」についてです。

 

よく巷のブログやサイト、はたまた、著名人やインフルエンサーの方々が口をそろえて「行動しろ」「行動しろ」と連呼しているのをあなたも一度は見たことがあると思います。

 

僕も勿論、成功するためには行動することが一番なんですが、所詮は、「人間」です。

 

どーしても、楽をしたくなったり、逃げ出したくなったりします。

 

それはしょうがないというか、当たり前のことなので、僕もそれについて責める気はありません。

 

じゃあどうすれば、逃げもせず隠れもせず「行動すること」ができるようになるのか、あなたは知っていますか?

 

それは、行動せざるを得ない環境や仕組みを作ることです。作り出すことです。

 

そうすることで、強制的に自分を行動させることができるのです。

 

あなたは

なぜ学校に行かなればいけないのか

なぜ会社で働かなければいけないのか

と考えたことはありますか?

 

この答えを知っている人は、もうこの記事を読む必要はありません。

 

では、その答えを知らない人に教えてあげましょう。

 

それは、社会の仕組みとして、国家の仕組みとして、学校や会社に行かなければいけないからです。

 

学校に行かなければいけない理由は、言うまでもなく、憲法で決めらているからです。

 

もっと言えば、日本国憲法第26条に

すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

と、こう書かれているからです。

 

つまり、あなたの親御さんは、あなたを学校へ行かせなければいけない義務を負っているから、学校へ行かせるのです。

 

会社だって同じです。

 

生きていくためには、働かなければいけません。

 

何故なら、社会がそういう仕組みだからです。

 

働かなくても生きていける仕組みではないから、みんな、満員電車に乗ってつらい顔しながら会社へ向かうのです。

 

つまり、あなたが今やっているほとんどすべてのことは、何かしらの仕組みによって、強制的にさせられているのです。

 

宿題に然り、アルバイトに然り、ダイエットに然り、それをやらなければ、問題が起こる・困るからあなたはやっているのです。

 

ということは、行動するためには、行動せざるを得ない環境や仕組みを作って、強制的に自分を行動させることが一番の近道なのです。

 

僕に置き換えて考えてみましょう。

 

僕が学校を辞める決断をした本当の理由をあなたは想像することができますか?

 

ただ単に、話題になるとか、面白そうだとか、そういう理由じゃないんですよ。

 

確かに、あの記事ではそういう風に言ってはいますが、本当は違います。

 

では、真の理由とは何か?

 

それは、「中卒」という世間体で言えば「最悪の学歴」を自分に与えることで、会社で働くことはできない・それ以外のことでしか生きていけないような、人生にするためです。

 

つまり、それ以外のことでしか生きていけないような道を選ばないと、僕は死ぬんです。生きられないんです。

 

分かりますか?この思考。

 

強制的にいくつもの道を捨てることで、残った道にエネルギーを傾ける。いや、傾けむけること以外方法がない、という環境や状況を作り出す。

 

そうすることで、必然的に強制的に「行動すること」ができるのです。

 

出会い系アフィリエイトに何万も投資した理由も同じです。

 

何万も投資したからには、その費用を回収しなければいけません。

 

そうしないと、「損失」になってしまうからです。

 

だから、記事の冒頭でも言ったように、死にもの狂いで作業したのです。

 

 

 

このように、「行動すること」というのは、早々簡単に出来るものではありません。

 

もちろん、中には、環境や仕組みがなくても行動が出来る人もいます。

 

ですが、とても数が少ないでしょう。

 

もし、この記事を見ている人の中で、

  • 行動したいけど行動できていない
  • 行動が継続できない

という方がいましたら、行動せざるを得ない環境・仕組みを自分で作り出してみて、強制的に行動してみることをおすすめします。

 

僕はそうやって行動してきましたし、これからもそうやって行動していくと思います。

 

まぁ、その決断をする以前に、多少なりとも「行動力」が備わっている必要があるんですけどね・・(笑)

 

てなわけで今日はこの辺で

お相手はぶんちんでした。