BUN HACK

中卒ブロガーぶんちんが最短最速確実でお金持ちになるブログ

うちのばあちゃんは画家だけど、俺には何の才能もない話。

f:id:bunntinnmalu:20190105195411j:plain

皆さんこんばんは!中卒ブロガーのぶんちんです。

 

僕の父方のおばあちゃんは、青森県内ではかなり有名な画家でして、それこそ賞なんてものは何個も取っているほどの腕前ではあるのですが、残念ながら僕には絵の才能がありません。

 

僕が絵の才能のなさに気づいたのは、小学4年生か5年生の頃だったと思います。

 

小学校というのは、「図工」という、中学で言えば「技術」のような授業が御座います。

 

その図工の授業の中で、公園の中で遊ぶ動物を描いた木製のパズルを作ったのですが、どうもこのイラストが何故か女子にウケまして、その時はちょっと嬉しかったのですが、改めて自分の描いたイラストを見てみると、幼稚園児が描くようなものばかりでして、大変恥ずかしい思いをしたことは今ではいい思い出です。

 

それから月日が経ち、小学校卒業の時期がやってまいりました。

 

うちの小学校では、卒業が近くなるとオルゴールを作ることになっているので、そのオルゴールの外側の部分に好きな絵を描くわけなんですが、たいして描きたいものをなかった僕は、2年前のあの時と同じ、公園の中で遊ぶ動物を描きました。

 

そうしますと、やはりそのイラストが可愛いということで、ちょっとだけチヤホヤされるのですが、いざ卒業し、自分で作ったオルゴールを家に持ち帰り、ふと2年前に作ったあの木製のパズルと並べてみますと、面白いことに動物の形から表情まで、ほぼ同じであることに気づきました。そしてその気づきとともに、自分には絵の才能がないのだとよく分かりました。

 

そして月日が経ち、高校へ入学しました。

 

僕の高校では、美術と書道と音楽の中からやりたい科目を選んで授業を受けることになっているのですが、お恥ずかしながら、自分はあまり字が上手ではなく、書道なんてものはやるだけ無駄だということは自分自身でよく分かっていましたので、受けるつもりは1ミリもありませんでした。

 

音楽に関しては、好きか嫌いかと問われたならば、嫌いではないのですが、人前で歌うことだけはどーしても苦手なのでやめました。

 

そうしますと、消去法で美術が残るわけなんですが、これがまぁ~大変でして、そこまで難しいことは扱わなかったのですが、「考える人」みたいな像のデッサンや、粘土を使って何かを作るといった創作活動はあまりできませんでした。

 

その分、ペーパーテストだけは暗記だけで9割近く取れたので、それだけが唯一赤点を逃れられた要因だったと思っています。

 

というように、「僕の人生と芸術」という大きなテーマで今までの自分を振り返ってみても、それらしい結果も出ず、出そうともせず、何となくぼんやりとした記憶だけが残っているような次第です。

 

これから先、僕自身が何かしらの芸術活動にエネルギーを注ぐ予定はないのですが、年を取ればとるほど、人前で何かをさらけ出すというようなことはしたくなくなってきますので、恐らく、金輪際、僕が何かの芸術で結果を出すようなことはないと思っています。

 

長々と話しましたが、今日はこの辺で。

 

お相手はぶんちんでした。