BUN HACK

社会を知らない若造が、起業して世界へ羽ばたきます。

日常生活でも損切りする癖を付けましょう。

皆さんこんにちは!中卒ブロガーのぶんちんです。

 

今日は「日常生活でも損切りする癖を付けましょう」ということで、今日からでも実践できる癖?マインド?を皆さんにご紹介していきたいと思います。

 

とその前に、「損切り」を知らない人のためにサラッと説明すると、損切りとは投資用語の一種で、投資家が損失を抱えている状態で保有している株式等を売却して損失を確定させることをいいます。

 

もっと簡単に説明すると、「損切り」とは、1個100円の価値があったリンゴを、1個80円の時に売って、これ以上損失を出さないために、「20円の損」を確定させることです。

 

逆に、1個100円の価値があったリンゴを、1個120円の時に売って「20円の得」を確定させることを「利食い」と呼びます。

 

変な名前だな~と思ってもらって結構です。

 

なんとなく理解してくれれば大丈夫なので(笑)

 

そしてこの「損切り」を日常生活でも使って行こう!というのが、今回のテーマです。

 

例えば、お小遣い稼ぎ目的でブログを始めたAさんがいたとしましょう。

 

始めのうちは、やる気もあり、記事も順調に増やしていくことができました。

 

ブログで稼ぐためには、アドセンスの審査をパスしなければいけないので、審査を受けてみました。

 

ですが、残念なことに落ちてしまいました。

 

それからあれこれ調べ、お問い合わせフォームを設置したり、プライバシーポリシーを設置したり、見出しを工夫したり、文章が読みやすいように余白を開けてみたり、色々と工夫をしてみました。

 

そして2度目の挑戦!

 

残念なことにまた落ちてしまいました。

 

それから1ヶ月が経ち、2か月が経ち、現状は回復しないまま時だけが過ぎてしまい、結局、Aさんはブログで稼ぐことを諦めてしまいました。

 

そして、ブログに費やした時間と労力は全て無駄になりました。

 

このような結果になる前に、Aさんは何をすべきだったのでしょうか?

 

そう、それは今日のテーマでもある「損切り」でした。

 

いくら努力しても現状が回復する見込みがないと分かった時点で、Aさんはブログで稼ぐことを辞めるべきでした。

 

ですが、これまでに費やした時間と労力が無駄になることを恐れたAさんは、結局損切りをせず、更に時間と労力を無駄にする結果となりました。

 

行動生物学の分野で「コンコルドの誤り」として知られている考え方があります。

 

今、一羽の雄の鳥が、ある雌に求愛しているとしましょう。

 

これまでに雄は、ずいぶんと長い時間を費やし、たくさんの餌をプレゼントに持っていきましたが、雌は一向に気に入ってくれませんでした。

 

雄は、このまま求愛を続けるべきか、やめるべきか?

 

このような状況で、動物たちがどのように行動するよう進化してきたかを考える時、一昔前には、雄はもうこの雌に対して大量の投資をしてしまったので、今さらやめると損失が非常に大きくなるから求愛はやめないだろう、という議論がありました。

 

ところが、これは理論的に誤りなのです。

 

コンコルドとは、イギリスとフランスが共同開発した超音速機のことです。

 

コンコルドは、開発の最中に、例えそれが出来上がったとしても採算の取れない代物であることが判明しました。

 

つまり、これ以上努力して作り上げたとしても、所詮、それは使い物にならないのです。

 

ところが、英物両政府は、これまでに既に大量の投資をしてしまったのだから、今さらやめるとそれが無駄になるという理屈で開発を続行しました。

 

その結果は、やはり、使い物になりませんでした。

 

このように、過去における投資の大きさで将来の行動を決めてしまうことのことを「コンコルドの誤り」と言います。

 

 

Aさんの場合も、まさしく「コンコルドの誤り」を犯してしまったのです。

 

要するに、日頃から損切りする癖を付けないと、いざ物事がうまくいかず、現状が回復しないと分かっていても、今までに沢山の時間と労力をかけてしまった事実が、冷静な判断を邪魔し、結果的に損切りする以上に損失が大きくなってしまうのです。

 

これはブログだけに限った話ではありません。

 

会社の飲み会や、効果のないダイエット法、思っていた以上につまらない映画。

 

全て、行く価値のない。やる価値のない。見る価値のない。と分かった時点でやめるべきなのです。すぐに損切りするべきなのです。

 

僕が卒業手前で学校を辞めた理由もこれにあります。

 

行く価値がないと分かったらやめたのです。

 

皆さんも、日頃から「損切りする癖」を身に着けて、後悔しない人生を送りましょう。

 

てなわけで今日はこの辺で

お相手はぶんちんでした。

 

参考:長谷川眞理子『コンコルドの誤り』