BUN HACK

中卒ブロガーぶんちんが最短最速確実でお金持ちになるブログ

はてなブログで手っ取り早く「結果」を出す方法。

皆さんこんにちは!中卒ブロガーのぶんちんです。

 

結論から言えば、はてなブログで手っ取り早く「結果」を出す方法は、はてなブロガーが食いつきそうな記事を書きまくることです。

 

はてなブログはお金が欲しく欲しくてたまらない人間の集まりです。

 

何故なら、お金目的でブログを書いている人がほとんどだからです。

 

お金目的でブログを書いている以上、金のにおいがする所はイナゴのように群れを成して集まってきます。

 

まぁ、エサがあればすぐ食いつく人間が多いということです。

 

悪口じゃないですよ?事実を言っているだけです。

 

じゃあ、どんな記事が食いつかれやすいのかというと、僕の経験上、以下の3つが食いつかれやすいと考えています。

 

一つ目、Googleアドセンス系

 

これはもう定番中の定番ですね。

 

Googleアドセンス系はめちゃくちゃ有能なネタなので、色々と記事が書けます。

 

例えば、王道である「Googleアドセンスに合格する方法」はもちろんのこと、

  • アドセンス審査に必要なプライバシーポリシー設定方法・お問い合わせ設置方法
  • はてなブログProにする方法、独自ドメイン取得方法
  • 見出しの付け方、グローバルメニューの設置方法
  • 広告の種類に関するネタ、広告の設置方法
  • 広告単価の上げ方、クリック率の上げ方
  • アドセンスでやってはいけない系のネタ
  • オススメの広告配置、広告数ネタ
  • Googleアドセンスにまつわる失敗談

などなど、「Googleアドセンス」一つとっても、これだけあります。

 

しかも、はてなブログで稼いでいる人なら実感していると思いますが、収益のほとんどをアドセンスに依存していると思います。

 

要は、それだけ密接に関係しているということです。

 

密接に関係している以上、「アドセンス」の文字を見ただけで体が勝手に反応してしまいます。例えそれが、知っている内容でも。

 

2つ目は、アクセス数UP系・はてなブログカスタマイズ系です。

 

これも絶大な人気を誇るジャンルですね。

 

アクセス数UP系はともかくとして、はてなブロガーはCSSとかHTMLが苦手な人が多いので、そんな「お悩み」を解決する記事はアクセス数が取れる上に、ブックマークもされやすく拡散されやすい傾向にあります。

 

しかも、ブロガーの「お悩み」を解決する系は、ブロガーからの高い好感度を獲得できる上に、弱者を助ける心意気をアピールすることができます。

 

なので、はてなブログのカスタマイズ系は、アクセス数が取れて、拡散もされて、好感度も獲得できて、自分のやさしさもアピールできる一石四鳥な美味しすぎるジャンルなのです。

 

3つ目、「~砲」系、もしくはTwitter攻略系&note攻略系です。

 

~砲」系というのは、スマニュー砲とかGoogle砲のことです。

 

ただ、これは2つ目の「アクセス数UP系」と重なる部分があるので、ここではTwitter攻略系&note攻略系について書いていきます。

 

はてなブログはTwitterとかなり相性が良く、連携させるのも簡単です。

 

しかも、インフルエンサー達がこぞって「フォロー増やせ!増やせ!」と煽ってくるので、フォローを増やすことに関心があるはてなブロガーも多いです。

 

なので、Twitter攻略系ならば、「フォロワー」に焦点を当てた記事がおすすめです。

例えば、

  • フォロワーが増えやすいプロフィール文の書き方
  • フォロワーが増えやすいプロフィール画像、アイコンの作り方(&ココナラでアイコンを作る方法)
  • フォロワーが増えるようなツイートをつぶやく方法
  • Twitterでバズを起こらせる方法

などなど、内容が若干似たり寄ったりしていますが、見る人から見れば価値のあるコンテンツなので気にしなくても大丈夫です。

 

最後に、note攻略系ですが、これはある程度実績が出てきた人向けの内容になるので、書いても書かなくてもどっちでもいいです。

 

ちなみに、note攻略系というのは、「noteで稼ぐ」をコンセプトにしたジャンルのことです。

 

なので、noteで何か自分の「情報」を売るつもりがない、売るような情報がない人にとっては興味が湧かないのでウケもいまいちです。

 

最後に、この方法を用いる際の注意点ですが、この方法を使って沢山食いつかれても、拡散されても、所詮見る相手は「はてなブロガー」なので収益はあんまり期待できません。

 

何故なら、はてなブロガーは他のブロガーの広告をクリックしないからです。

 

まぁ、はてなブログあるあるですね

 

ちなみに、この方法を用いても「収益」を出す方法を僕は知っていますが、そのお話はまた今度します。

 

てなわけで今日はこの辺で

お相手はぶんちんでした。