BUN HACK

中卒ブロガーぶんちんが最短最速確実でお金持ちになるブログ

投資はサーフィンと同じ。いい波に乗ることが大事。

皆さんこんにちは!中卒ブロガーのぶんちんです。

 

タイトル、韻を踏んでいますが、気づきましたか?

 

まぁ、そんなことはどうでもいいのですが、FXに始まり、株、先物、仮想通貨ぜ~んぶ、チャートを見て取引する投資はサーフィンと同じです。

 

基本、いい波を見つけて、波に乗って気持ちよくトレードして、「そろそろ波がなくなりそうだな~」と思ったら利益確定をします。これで稼げます。

 

じゃあ、何故9割のトレーダー(以前の僕も含まれています。今は違います)は負け続けてしまうのかというと、理由は単純です。

 

第一に、いい波を見つけることができていない。

 

よく、「インジゲーターの何と何がクロスしたら売りだ!買いだ!」って言いますけど、あれをいい波の判定基準にしてしまうのはナンセンスです。

 

何故かって言うと、まず「みんなが知っている」という点です。

 

みんなが知っているということは、当然、それを利用する輩が出てくることを意味します。

 

それこそ、膨大な資金力を持った投資家というのは、自分の資産を増やすためにカモを探しますから、そういう「みんなが知っている知識」を使ってトレードをしているトレーダーというのは、いいカモなんですよ。

 

だから、インジゲーターのクロスを判定基準としてエントリーしてしまうトレーダーは、よくダマシに合うので、資金が減りやすい傾向にあります。

 

第二は、波の終わりを予感できていない。

 

運よくいい波を見つけ、波に乗って気持ちよくトレードしていたとしても、波の終わりを予感できなければ意味がありません。

 

多くのトレーダーは、「まだこの波は続く、まだこの波は続く」という根拠のない自信と欲望に惑わされて利益確定をしません。

 

すると、波の終わりを予感した投資家達が続々と利益確定に入るので、売りが強くなり相場が下がります。

 

ここでやっと、波の終わりを実感するわけですが、相場が下がっているので、当然利益は減りますし、最悪損失になる場合もあります。

 

しかも、相場が下がったことを確認した投資家達がまた続々と波に乗り始めるので、今度は相場が上がります。

 

よく、「買ったら下がって、売ったら上がる」を何度も繰り返して涙目になっているトレーダーを見かけますが、はっきり言ってカモ丸出しです。

 

以前の僕も、カモ丸出しで負け続けていました。って言っても累計損失は5万弱なんですけどね(笑)

 

しかし、チャートを何十時間、何百時間と見ていく内に、「いい波」を見つけることができるようになってきたんですね。

 

つい最近開発した『ぶんちん君Z』はまさにソレで、いい波を見つけることに特化したサインツールです。

 

しかし、まだ改善の余地というか、さらにいい波を見つける方法を思いついてしまったので、『ぶんちん君Z』を大幅に上回るサインツール『ぶんちん君α』の開発を始めました。

 

まだ試作段階なので、完成は1週間から2週間後くらいだと思いますが、これが完成すれば本当の意味での経済的自由を手に入れられるので楽しみです。

 

てなわけで今日はこの辺で

お相手はぶんちんでした。