BUN HACK

中卒ブロガーぶんちんが最短最速確実でお金持ちになるブログ

プロスペクト理論を理解して収入を増やしましょう!

皆さんこんにちは!中卒ブロガーのぶんちんです。

 

投資の勉強をしていると、時々面白い考え方に出会うことがあります。

 

以前は「損切り」という考え方が、投資の世界のみならず、現実の世界でも通用するということをお伝えしました。

今回は、投資の考え方の中でも、僕が今一番リスペクトしている「プロスペクト理論」という考え方を、皆さんに分かりやすく紹介していきたいと思います。

 

まず、プロスペクト理論の概要について説明していきます。

 

プロスペクト理論とは、1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって展開された不確実性下における意思決定モデルの一つを指します。

f:id:bunntinnmalu:20190309122119j:plain

ダニエル・カーネマン

f:id:bunntinnmalu:20190309122147p:plain

エイモス・トベルスキー

不確実性下における意思決定モデルというのは、例えば、以下の2つの選択肢(AとB,CとD)のように、一つはギャンブル性を含むもの、一つはギャンブル性を含まないものがあった場合、人間はどのようなことを考えてどちらを選んでしまうのか、について分析して導き出したモデルのことです。その中の一つが「プロスペクト理論」というわけです。

  • 選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
  • 選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。
  • 選択肢C:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
  • 選択肢D:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

このモデル(プロスペクト理論)によると、人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向(損失回避性)があるということを唱えています。

 

つまり、上の例で言うと、人間は「AとB」なら確実な「A」を選び、「CとD」なら不確実な「D」を選んでしまうということです。

 

そして、この性質こそが投資で負けてしまう最大の要因であるとされています。

 

要は、利益が出たらすぐに確定するが、損失が出たら損失がなくなるかもしれないという不確実な可能性にかけて損切りをしないということです。

 

なので、損大利少となり、損失だけがどんどん膨らんでしまうのです。

 

どうです?なかなか面白い考え方ですよね?

 

プロスペクト理論について大まかに理解してもらったところで、ここからが本題です。

 

この「プロスペクト理論」を利用して、収入を増やす方法をお伝えしていきたいと思います。

 

※収入を増やすというのは、時給、年収を増やすという意味ではなく、商売の売り上げを増やすという意味です。予めご了承ください。

 

このプロスペクト理論によれば、人間は「得することよりも損をすること」をとにかく嫌う性質があるとされています。

 

そしてこの性質を利用した収入の増やし方は主に2つあります。

 

一つ目は、「買わないと損をする」「手に入れないと損をする」と思わせるような訴求をしていくということです。

 

突然ですが皆さんは、「セール品」「限定商品」「半額商品、割引商品」という言葉につられて買い物をしたことはありませんか?

 

 買ってみれば大して欲しくなかったのに、ついつい言葉につられて・・・」なんていう人は多いと思います。

 

実はこの「セール品」「限定商品」「半額商品、割引商品」という言葉には、先ほど学習した「プロスペクト理論」が使われています。

 

つまり、このような言葉につられて欲しくもないものを買ってしまう心理というのは、「今買わないと損をする。誰かに買われたら自分は手に入れることができない」という「損失」を自然と回避してしまう性質が人間の根底にあるが故に生み出されているのです。

 

なので、この「損失」を自然と回避したくなる人間の性質を利用すれば、売り上げが増えるんです。収入が増えるんです。

 

具体的には、アフィリエイトで商品を紹介するのであれば、商品自体の希少性を前面に押し出して「今買わないと損をする」「手に入れないと損をする」と読み手が思うような記事を書いていきます。

 

例えば、生産数、在庫数が分かっているのであれば、「今現在これくらいしか生産されていません!在庫数は残り僅かです!ご購入はお早めに!」とか

 

今現在沢山のお問い合わせを頂いており、いつ売り切れるか分かりません」のような、「みんなが買っているから、早く私も買わなきゃ!」と思わせるようなアピール文も効果的です。

 

2つ目は、「買ったら得をする、手に入れたら他の人よりも優位に立てる」と思わせるような訴求をしていく方法です。

 

具体的には、「先着〇〇名」とか「限定品」というワードを使っていきます。

 

先着〇〇名にブログのアクセス数を増やす極秘ノウハウを教えます!」とか

 

【限定30個】栃木県産の甘くて美味しい摘みたていちご」のように、買える数を限定することで希少性をもたらし、購買意欲を一層もたらしていきます。

 

Amazonサイバーマンデーセールも察しの通り、「プロスペクト理論」を利用しているので、商品一つ一つに「限定〇〇個」の記載や「売り切れるまでの残りの数、制限時間」を表示して、「買わなきゃ損」と「買ったら得」の両方をアピールしています。

 

さすが、ネットショッピング大手とあってかなり勉強しています(笑)

 

また、Amazonプライムのような「月額制のサービス」も同様にプロスペクト理論を利用しており、「DVDをお店で借りて見るよりも、月額制の方が安く済む(損失が小さくなる)」と思わせるようなサービス内容になっています。

 

まぁ、「この世の中はプロスペクト理論で出来ている」と言っても過言ではないくらい、プロスペクト理論を利用したサービスで溢れてます。

 

なのでこれからは、プロスペクト理論の視点を取り入れて世の中を見ていきましょう。

 

意外な発見があったりして面白いですよ。

 

てなわけで今日はこの辺で

お相手はぶんちんでした。