BUN HACK

社会を知らない若造が、起業して世界へ羽ばたきます。

『失敗』がお金になる新しいビジネス。

皆さんこんにちは!中卒ブロガーのぶんちんです。

 

今日も新しいビジネスのアイディアを思いつきました。

 

それが『失敗』がお金になるビジネスです。

 

え?失敗がお金になる?ナニそれ?」って思った方も、この記事を読み終える頃には、このビジネスに将来性を感じると思います。

 

ではさっそく、説明していきます。

『失敗』がお金になるビジネスの概要

人間だれしも「失敗」ではなく「成功」を得たいものです。

 

しかし、現実は厳しく、そう簡単に成功を勝ち取ることはできません。

 

それどころか失敗ばかりしてしまう、それが世の常というものです。

 

しかも、不思議なことに「失敗したくない!」と思えば思うほど何故か失敗します。

 

そして、失敗すればするほど挑戦することに恐怖と不安を感じ、「挑戦したくない身体」になってしまいます。

 

そこで僕は考えました。

 

「もし仮に、「失敗」がお金になるとしたら「失敗」に対する心理的ストレスを減らすことができるのではないか。」

 

考えること1分。

 

ひらめきました。

 

それが「失敗」を買い取り、失敗したくない人に「失敗」を販売するビジネスです。

 

人間という生き物は基本的に「成功したい!」という気持ちよりも、「失敗したくない!」という気持ちの方が大きくなるように出来ています。

 

この性質は、受験、就活、起業といった、あらゆる挑戦する場面で見受けられます。

 

そして、受験や就活などで「絶対に失敗したくない!」と心から思っているに人とって、他人の「失敗」は非常に役に立ち、魅力的に見えます。

 

なぜなら、他人の失敗経験を知っておけば自分が同じ落とし穴に落ちる未来を未然に防ぐことができるからです。

 

つまり、他人の「失敗」には需要があるということです。

 

需要があるということは、売れるということです。

 

売れるということは、お金になるということです。

 

これが、『失敗』がお金になる理由です。

 

どうです?ビジネスとして成り立つと思いませんか?

 

そして僕は、最高のエンターテイメントとは「失敗」であると思っています。

 

言い方は悪いですが、他人の失敗ほど面白い話はありません。

 

「他人の不幸は蜜の味」って言いますよね?

 

つまり、「他人の失敗」はお笑いになり得るということです。

 

なので、失敗ばかりを集めた情報メディアがあればかなり売れると見込んでいます。

 

月額〇〇円」で他人の失敗話が読み放題できる月額サービスがあったら、入りたいと思いませんか?

 

確かに、倫理的にはちょっと問題があるかもしれませんが、失敗した人からすれば、自分の失敗がお金になって、役に立って、笑いにもなったら、これほど嬉しいことはないと思います。

 

これは、人類の未来を変えるビジネスです。

 

なぜなら、失敗を恐れずに挑戦する人が増えたら、この世の中は豊かになるからです。

 

身の回り人たちが、みんな挑戦していたらワクワクしませんか?ドキドキしませんか?

 

仮に挑戦して失敗しても、それは「失敗」で終わりじゃない。

 

お金になって、役に立って、笑いにもなるんです。

 

それを可能にするのが、僕の考えた「失敗」がお金になるビジネスなのです。

 

以上で、プレゼンを終わります。

 

ご清聴ありがとうございました。