BUN HACK

中卒ブロガーぶんちんが最短最速確実でお金持ちになるブログ

日本人ってなんでこんなに串に刺した料理が好きなんだろう。

皆さんこんばんは!中卒ブロガーのぶんちんです。

 

今日の晩御飯は焼き魚と焼き鳥だったのですが、焼き鳥を食べている最中に、ふと疑問に思いました。

 

日本人ってなんでこんなに串に刺した料理が好きなんだろう」と

 

思えば、串に刺した料理は色々あります。

 

まずは焼き鳥。

 

皆さんは焼き鳥は好きですか?嫌いですか?

 

僕は大好きです。

 

よく学校帰りにファミマに寄って食べていました。

 

最近のコンビニ焼き鳥は、量も多い上に味もかなり美味しいので、コンビニ焼き鳥だからと言って侮ってはいけません。

 

個人的に、ファミマとローソンの焼き鳥が好きです。

 

セブンイレブンの焼き鳥は食べたことがありません。

 

恐らく、焼き鳥が嫌いな人とは仲良くなれないと思います。

 

それくらい焼き鳥を愛しています。

 

基本的に焼き鳥は全て好きですが、強いて言えば、皮とつくねが好きです。

 

レバーはあんまり好みではありません。

 

ちなみに、塩もタレも両方好きです。

 

よく「焼き鳥は塩に決まってる!タレなんてあり得ない!」と傲り高ぶっているおやじをTVで見かけますが、タレ味の焼き鳥とご飯を一緒に食べた時のあの幸せを否定するなんて人生の23%損していると思います。

 

続きまして、串カツ。

 

串カツは焼き鳥よりも居酒屋レベルが高いので、未成年の僕はなかなか食べる機会がありません。

 

というか、食べたことがありません。

 

なので、串カツについて語るのはやめておきます。

 

続きまして、串団子。

 

串団子と言えば、「みたらし」と「あんこ」と「のり」が定番ですね。

 

みたらしとあんこはそのままですが、「のり」はのりで巻かれているものと、きざみのりがかかった2種類あります。

 

この3つの中でどれが一番好きかと問われたら、迷わず「みたらし」と答えます。

 

あんこもいいですが、あの甘辛いみたらしには敵いません。

 

のりは歯にくっつくのであまり好きではありません。

 

ちなみに、団子と同じくモチモチ系に属する「磯部餅」は小さい頃から好きです。

 

と言っても、自分から買うほどではなく、あくまで誰かが買ってきた時だけ食べます。

 

続きまして、おでん。

 

串にささったおでんは最近見かけませんが、というか見たことがありません。

 

ゆえに、パスします。

 

続きまして、串にささったバージョンのBBQ

 

BBQは幾度となくやってきましたが、串にささったバージョンのBBQはやったことがありません。

 

ゆえに、パスします。

 

ただ、BBQの一環として、釣ったばかりのアユを串焼きにして食べたことはあります。

 

続きまして、アメリカンドッグ。

 

好きか嫌いかと問われたら、かなり迷います。

 

それくらい僕の中では微妙な位置付けです。

 

ただ、食べたら100万貰えるなら食べます(そりゃ、誰でも食べるか・・・)

 

ここからは、串に刺した料理がこれほどまでに日本人に好まれる理由を考察していきたいと思います。

 

僕が考えるに、串に刺した料理が好まれるのは、「食べやすい!」という利便性以上に、串から料理を食いちぎるという原始的な食べ方が、しきたりや礼儀に囚われない人間本来の食べ方、つまり、獲物を狩り肉をそぎ、焼いて食うという元々の食事スタイルに酷似しているので無意識的に好きになってしまうんだと思います

 

だからといって、何でもかんでも串に刺せばいいというものではなく、食いちぎるという感覚がなければいけません。

 

その点で言えば、毎年新しいアイスが誕生しているにも関わらず、ガリガリ君が売れ続けるのは、「ガリガリ」とアイスを食べる感覚が「食いちぎる」という原始的な食べ方とちょっと似ているからだと思います。

 

まぁ、人間なんて頭が良かろうが所詮は動物なので、本能には抗えないということですね~

 

てなわけで今日はこの辺で

お相手はぶんちんでした。