BUN HACK

中卒ブロガーぶんちんが最短最速確実でお金持ちになるブログ

雨乞い理論とお金の話。

皆さんこんにちは!中卒ブロガーのぶんちんです。

 

日本昔ばなしに「河童の雨乞い」というお話があります。

 

お話の内容は割愛しますが、雨が降らない地域では古くから、この「雨乞い」が盛んにおこなわれてきました。

 

何故かと言うと、雨乞いをすれば雨が降ると信じられてきたからです。

 

雨乞いをすると本当に雨が降るの?」と皆さんは疑問に思うかもしれませんが、雨乞いをすると雨は降ります。

 

何故なら、雨が降るまで雨乞いをするからです。

 

とてもくだらない理由だと思うかもしれませんが、昔の人にとって「雨乞い」とは、雨を降らせる唯一の手段でしたから、それだけ必死だったんだと思います。

 

そして、雨乞いが古くから雨を降らせる方法として信じられてきた理由はもう一つあります。

 

それが、世に言う「雨乞い理論」です。

 

例えば、雨が降らない地域が2つあったとします。

 

一方の地域では雨乞いが信じられてきたので、必死に雨乞いをするとします。

 

もう一方の地域は、雨乞いなんてせず、ただひたすら雨が降るのを待っていたとします。

 

その後、2つの地域それぞれに雨が降りました。

 

この場合、雨乞いをしなかった地域は、ただ雨が降ってきたとしか思いませんが、雨乞いをした地域では、「雨乞いをした」という原因によって「雨が降った」という結果が得られたので、雨乞いをすると雨が降ると信じるようになります。

 

ここで大事なのは、2つの地域は雨乞いをしてもしなくても雨が降ったという事実です。

 

つまり、雨乞いに雨を降らせる効果なんてないのです。

 

ただ、最初の地域は雨乞いをしてしまったがために、雨乞いに雨を降らせる可能性があると信じてしまったのです。

 

これが雨乞い理論です。

 

この理論は、私たちの生活にも深く結びついています。

 

いい例が、「おみくじ」です。

 

皆さんは、おみくじで「大吉」が出れば良いことがあると思っているかもしれませんが、おみくじにそんな効果はありません。当たり前です。

 

じゃあ何故、おみくじで「大吉」が出れば良いことがあると信じてしまっているのでしょうか?

 

答えは雨乞い理論にあります。

 

AさんとBさんがいます。

 

Aさんはおみくじを引き大吉が出ました。

 

Bさんはおみくじを引きませんでした。

 

その後、AさんBさん共に宝くじが当たりました。

 

大事なのは、おみくじを引いて大吉が出ても、おみくじを引かなくても宝くじが当たっているという事実です。

 

つまり、おみくじの大吉には一切の効果がないということです。

 

なのにもかかわらず、Aさんは「おみくじで大吉が出たから宝くじに当たった」と信じてしまうのです。

 

この手の理論を利用したビジネスは儲かります。

 

何故なら、論理的に物事を考えることができない人間がすぐに引っかかるからです。

  • 開運セミナー
  • おみくじ
  • パワースポット
  • 「幸せになる~」「お金持ちになれる~」系の本

全て、雨乞い理論を利用したビジネスです。

 

だいたい、パワースポットに行ったから運気が上がるとか、開運セミナーに行ったから道が開けるとか、努力をしたくないだけの怠慢野郎の考え方ですよ。ほんとに(笑)

 

楽したい気持ちは分かりますが、楽するためには楽するための苦労をしなければいけないわけであって、それを省いて楽になろうなんて考えは甚だナンセンスです。

 

もっと現実と向き合っていただきたいですね。

 

てなわけで今日はこの辺で

お相手ぶんちんでした。