BUN HACK

社会を知らない若造が、起業して世界へ羽ばたきます。

「株式会社ぶんちん」の法人印が届きました!

皆さんこんにちは!中卒ブロガーのぶんちんです。

 

今日は、ベンチャーサポート税理士法人横浜オフィスにて、

  • 弁理士さんと僕のビジネスアイディアに関する特許出願の打ち合わせ
  • 会社設立に必要な登記申請書の確認、押印作業
  • 「株式会社ぶんちん」の法人印の受け取り

を行いました。

 

まず、「弁理士さんと僕のビジネスアイディアに関する登記申請書の打ち合わせ」からお話していきます。

 

いきなりですが、僕の考えているサービスにはいくつか特徴があり、ここでは詳しくお話することができないのですが、サービスリリース後に、僕のサービスの特徴を模倣したサービスを出てくることがあります。

 

模倣したサービスが出現してしまうと、本来、僕の会社の利益である利益が模倣したサービスの方へ行ってしまう、なんてことが起きかねません。

 

それを防ぐために、「特許出願」という手段を検討し始めました。

 

その始めとして、ベンチャーサポート税理士法人さんと提携している弁理士さんをお呼びして、会社設立でお世話になっている税理士さん、僕の3人で特許申請について打ち合わせを行いました。

 

まず、弁理士さんの方から、僕のビジネスアイディアについて色々と質問され、僕のビジネスアイディアの特徴、今までにない新しい部分なんかをお話しました。

 

結論から言えば、「特許出願はタイミングが重要」ということを教えてもらいました。

 

というのも、特許というのはお金さえ払えば今からでも出願することができるんですね。

 

しかし、出願したからと言って認められる(合格するかどうか)は別問題なんです。

 

そこで、弁理士さんの方からは、「今はまだ出願せず、もっと具体的な部分が見えてから出願したほうが、特許出願書に載せる特許材料も増えるし、認められる確率も上がるのでそうした方がいい」と伝えてくれました。

 

これに関しては、僕も税理士さんも「確かに、そうですね~」となったので、特許出願は、僕のサービスが具体的に形になり始めたぐらいから検討することになりました。

 

また、弁理士さんは商標登録のお話もしてくれて、「僕が提供する予定のサービスの名前『質問タイム!』は出来るだけ早く商標登録した方がいい」と教えてくれました。

 

商標登録っていうのは、名前の通り、商品やサービスに付いている固有名詞を特許庁に出願し登録することです。

 

登録することで、仮に僕の考えたサービスを真似し始めた人が「クエスチョンタイム!」みたいな名前を付けた時に、

 

ちょ待てや、お前んところのサービスの名前、うちのサービスの名前と似てるやなかーい!」って言うことができるんですね。

 

そして、商標権侵害が認められた場合は、害賠償請求をすることができるようになります。

 

また、商標登録すると『質問タイム!』という名前に「®」を付けることができるようになります。

 

®」っていうのは、「この商品名、サービス名は商標登録されてますよ~」っていう証みたいなものです。

 

これが付くことにより、「おいおい、ぶんちん、商標登録してんのかよ、かなり力を入れているようだな」っていう印象を与えることができます。

 

その後、『質問タイム!』の商標登録は前向きに検討することになり、弁理士さんに似たような名前、似たような響きがすでに登録されていないかチェックしてもらうことになりました。

 

ちなみに、商標登録にかかる費用は約20万円で、だいたい10か月程度かかるそうです。

 

特許出願は、認められるまで約1年(もしくはそれ以上)かかり、費用は約60~70万かかるそうです。

 

こんな話をすると、悪い人は「ぶんちんの商標登録を奪ってやるぜ!登録してやるぜ!」ってなると思うんですけども、商標登録って言うのは何でもかんでも登録できるわけではなく、登録した5年以内に登録した名前に関する商品もしくはサービスを出さなければいけないという縛りがあります。

 

なので、僕の邪魔をしたいのであれば(いないことを願いますが)、僕のように税理士さんとお話をして、30万払って会社建てて、100万以上払ってサービスを開発して、広告出してリリースして...っていうことをやらなければいけません。

 

まぁ~まず無理でしょうね(笑)

 

ちなみに、ベンチャーサポート税理士法人は弁護士さんとも提携しているので、いざという時は法廷でお会いすることになると思います。

 

法廷でお会いするというのは、商標登録に限らず、僕の名誉を棄損した場合、プライバシー侵害が起きた場合も同じです。

 

だから、僕の悪口をネットに書くととんでもないことになりますよって話です。

 

そもそも悪口が書かれるようなことはしていないと思うんですけどね(笑)

 

とにかくお気を付けください(^^♪

 

話がそれましたが、商標登録について教えてもらった後は、「弁理士さんと弁護士さんって何が違うんですか?」とか、色々と雑談し、今後の予定を軽く決めて打ち合わせは終わりました。

 

次に、税理士さんと打ち合わせが始まり、登記申請書と定款の確認、それの押印作業を行いました。

 

登記申請書っていうのは、僕がどんなビジネスをして、資本金はいくらで、所在地はどこで、っていうことがまとめられたものです。

 

定款っていうのは、株主総会はいつにやります。株主総会はこうやってやります。みたいな会社のルールが書かれたものです。

 

特に話すことはないんですが、強いて言えば、めっちゃ印鑑押したぐらいです。

 

何回押したのかは忘れましたが、20回ぐらいは押した気がしますw

 

その後、僕の会社(株式会社ぶんちん)の法人印が届きまして、法人印の確認と、法人印を必要書類に押印する作業を行いました。

 

突然ですが、皆さんは法人印って見たことありますか?

 

多分、ないですよね(笑)

 

法人印って言うのは、名前の通り法人で使う印鑑のことです。

 

僕の場合、材質は「黒水牛」と「つげ(植物)」と「チタン」の3つの中から「チタン」を選び、

☟実際のリスト

f:id:bunntinnmalu:20190422175918j:plain

字体は、一番上のやつ(漢字が読めませんでした)を選びました。

f:id:bunntinnmalu:20190422180040j:plain

ちなみに、チタンが一番高いですw

 

で、実際に届いた僕の会社の法人印がこちらです。

 

外箱はこんな感じになっています。

 

ハンコヤドットコム」という会社も実は、ベンチャーサポート税理士法人で設立した会社です。

f:id:bunntinnmalu:20190422180323j:plain

箱を開けるとこんな感じです。3つ入っています。

f:id:bunntinnmalu:20190422180431j:plain

左から順番に、会社の実印、銀行印、代表取締役の印です。

f:id:bunntinnmalu:20190422180506j:plain

株式会社ぶんちん」と書かれますね!

f:id:bunntinnmalu:20190422180607j:plain

こちらが銀行印。「銀行」って文字が真ん中にあるんですが読めますかね?

f:id:bunntinnmalu:20190422180637j:plain

こちらが代表取締役の印。こちらも銀行印と同じく真ん中に「代表」って書かれてます。

f:id:bunntinnmalu:20190422180646j:plain

実際に押してみました!

左から、会社の実印、銀行印、代表取締役の印です。

 

なかなか様になってますね!

f:id:bunntinnmalu:20190422180811j:plain

 

持ってみた、押してみた感想としては、チタンということもあり、ずっしりと重みがあって、押す際も重みを感じる、そんな法人印でした(感想が下手ですいません)

 

 

とにもかくにも、この法人印の重さに負けないようなずっしりとした会社を目指して頑張っていきますのでこれからもよろしくお願いします!

 

てなわけで今日はこの辺で

お相手はぶんちんでした。