BUN HACK

社会を知らない若造が、起業して世界へ羽ばたきます。

やりたいことをやりまくるためには。

皆さんこんばんは!中卒ブロガーのぶんちんです。

 

一生に一度の人生だからやりたいことをやりまくって死にたい。

 

そう考える人は少なくないはずです。

 

かく言う私も、そう考えるうちの一人です。

 

しかし、やりたいことをやりまくるためには、とりあえずお金が必要です。

 

それも沢山必要です。

 

お金を稼ぐ方法は色々とありますが、沢山稼ぐとなると選択肢は限られてきます。

 

その上、残った選択肢はどれもリスクが大きく、失敗する可能性もあります。

 

あなたならここでどうしますか?

 

諦めて現実的に生きていきますか?

 

それともリスクを取って挑戦してみますか?

 

現実的に生きていくことも悪くはありません。

 

むしろそっちの方がいいと考える人も多いことでしょう。

 

ちなみに僕は、「起業」という形でリスクを取ることにしました。

 

失敗したからといって、人生全てが終わるわけではありませんが、数百万は失うことになります。

 

ただ、費用対効果を考えれば、数百万でやりたいことやりまくれる人生が手に入るなら安いと僕は考えます。

 

何が言いたいかと言うと、やりたくいことやりまくれる人生って意外と安く手に入るんですよ。成功すれば。

 

勿論、ビジネスの種類・規模によっては数百万で済む話じゃないかもしれませんが、それでも一生あれば全然返済できる額なんですよ。

 

だから、僕的には「返済できなような金額がかからなければリスクを取った方がいいんじゃないかな~」って考えるんですよね(笑)

 

それでも「リスクは取りたくない!安全第一!」って考える人には何も言いません。

 

僕が伝えたい人は、やりたいことをやりまくれる人生に興味があって、リスクを取ろうか迷っている人です。

 

強制はしないですし、するつもりもさらさらないですが、やろうか迷っているなら絶対やったほうがいいんですよ。

 

現に僕だってやっているわけだし、成功するかは分からないですけど、成功した時のリターンを考えたら、やるしかないんですよ。

 

失敗したら潔く諦めて現実的に生きりゃいいだけの話ですし、毎月少しずつ返済していけば、死ぬまでには必ず完済できます。絶対できます。

 

その上、最高の話のネタにもなりますし、失敗した経験って失敗した人にしか経験できないものなので、絶対需要があるんですよ。

 

成功談より失敗談の方がみんな聞きたいんですよ。

 

その証拠に、しくじり先生ってめっちゃ人気じゃないですか?

 

あれはまさしく、失敗談に需要があることを示しているんですよ。

 

その気があるなら、失敗談を何万円かで売ることだってできるんです。

 

もしかしたら、そっちの方でめちゃくちゃ稼げるかもしれません。

 

という風に考えると、リスクを取るって実は、言うほどリスクを取ってないって思いません?

 

まぁ、僕はポジティブ楽観的人間なので、偏っている部分もありますが、あながち間違ったことは言っていないと思います。

 

失敗したら、話のネタにしてもいいし、返済するための足しに使ってもいいし、色々と「使い道」があります。

 

駄目なのは、失敗を失敗で終わらせてしまう人。

 

めちゃくちゃ勿体ないです。

 

もしかしたら、その失敗談に高い値が付いたかもしれません。

 

とにもかくにも、リスクを取れる人はじゃんじゃん取っちゃって面白い人生を作っていきましょう~!

 

てなわけで今日はこの辺で

お相手はぶんちんでした。