BUN HACK

社会を知らない若造が、起業して世界へ羽ばたきます。

「ハンカチは貸すためにある。」という視点。

おはようございます!中卒ブロガーのぶんちんです。

 

Amazonプライムビデオで「マイ・インターン」というアン・ハサウェイ主演の映画を見たのですが、その中で、ベンが若い男(ベンの家に居候している)に「ハンカチは何のために役立つの?」という質問をされたんですね。

 

その時に、ベンがなんて答えたかと言うと、「ハンカチは貸すためにある。女性が泣いた時のため、紳士のたしなみだ。」って答えたんですよ。

 

僕はこれを聞いた時に、「ベンってめっちゃカッコイイな~」と思って、割と影響を受けてしまったのですが、「よくよく考えたら、この視点って他にも使えるんじゃね?」と思い考えてみたんですよ。

 

その結果、どうなったかというと、「ダイエット・美容・おしゃれって言うのも、自分のためにするものじゃなくて、相手のためにするものである」という結論に行き着いたんですよ。

 

どういうことかというと、ダイエットって「痩せたいから」とか「美しくなりたいから」とか「健康になりたいから」とか、基本自分のためなんですよ。

 

美容・おしゃれも同じように基本自分のためなんですよ。

 

そうじゃなくて、相手のためにする。

 

ダイエットだったら、健康的な体になることで、相手に若々しさを与えてフレッシュな気持ちにさせたり、美容だったら、美しくなることで相手(特に男性)を元気にすることができたり、っていう風に捉えるとダイエットを続けることができたり、美容に対してもっと積極的になれるんですよ。

 

よく女性の悩みというか、「大人になったらなんで化粧をしなければいけないの?」っていう疑問を一度は目にしたことがあると思うのですが、この人は「化粧は自分のためにするもの」って思ってしまっているんですよ。

 

相手のために化粧をする」という視点がないんですよ。

 

だから化粧をすることに疑問を抱いてしまうんですよ。

 

ブログ運営も同じなんですよ。

 

アクセス数を稼ぐ」「お金を稼ぐ」って自分のためなんですよ。

 

だから続かないんですよ。

 

そうではなく、アクセス数を稼いだことによって得られた「アクセス数を稼ぐ知識」をアクセス数が稼げない人に教えてあげる。

 

つまり、ブログ運営も「自分がアクセス数を稼いで、アクセス数が稼げない人に、アクセス数を稼ぐ方法を教えてあげよう!だから頑張ろう!」っていう「相手のため」に運営すれば続くはずなんですよ。

 

人間ってやっぱり、相手のためだったら頑張れるじゃないですか。

 

それをこう、うまく活用するというか、捉え方を変えるというか、「人のため世の中に頑張る」っていうのは、長い目で見れば「自分のためにもなる」ということです。

 

なので、自分のためにアレコレするのは辞めましょうってことです。

 

基本姿勢は、「世のため人のため」。

 

そういう姿勢で頑張ると、物事を長く続けることができたり、やりたくないことでも積極的にやることができる。

 

ひいては自分のためにもなる。

 

いや~この視点、めっちゃいいですね(てか、ベンカッコ良すぎる)

 

僕は取り入れます!

 

てなわけで今日はこの辺で

お相手はぶんちんでした。