BUN HACK

起業を目指す高校生の備忘録

アドセンス使ってる人必見!絶対に覚えておきたいアドセンスNG集

f:id:bunntinnmalu:20180130191732p:plain

はじめに

Googleアドセンスを既に導入している方も、これから導入を予定している方も「アドセンスプログラムポリシー」が禁止事項として規定していることを知らなくてはなりません。知らないまま禁止事項に触れてしまいアカウントが停止されるなんて嫌ですよね?今回は「アドセンスプログラムポリシー」の中でも、間違ってやってしまいそうなこと・覚えておかなければならないことを抜粋して紹介したいと思います。

基本編

自分で広告をクリックしてはいけません

これは基本中の基本事項です。いかなる理由であろうとサイト運営者は自身のブログ・サイトの広告をクリックしてはいけません。

家族や友人に広告をクリックをさせてはいけません

自分でクリックするのがダメなら、家族や友人にクリックしてもらえばいいのでは?」と思うかもしれませんが、これももちろんダメです。アドセンスプログラムポリシーによると、「Google広告は本当に興味を持ったユーザーによってクリックされるものでなければならない」と明言されており、家族や友人によるクリックもいけません。

ロボットやツール等を使用したクリックもいけません

流石にこのような方法を使ってクリックする方はいないと思いますが、クリックや表示を自動生成するツールの使用、ロボットや不正なソフトウェアの使用によるクリックも禁止されています。

 広告編

広告の閲覧をしてくれた第三者へ報酬を提供してはいけません

Googleは、広告を閲覧してくれた人への報酬、またはそのような約束をすることを禁止しています。

広告のクリックをお願いしてはいけません

ブログ村や人気ブログランキングのバナーをブログに貼って「応援クリックお願いします!」というような人が大勢いますが、Google広告に関してはそのような広告クリックへの誘導は一切禁止されています。

広告にユーザーの注目を集めてはいけません

広告に矢印をつけたり、レイアウトなどを使用してユーザーの注目を集めてはいけません。

広告の近くに誤解を招くような画像は設置してはいけません

自身の広告であるような画像を配置したり、クリックしたらプレゼントがもらえるように思わせる画像を近くに配置してはいけません。

広告と見分けのつかないようなデザインやレイアウトをしてはいけません

これは広告なのか?」と疑問に思うようなデザイン、またレイアウトは禁止されています。

広告のラベルを「おすすめの記事」や「本日のおすすめ」のようにしてはいけません

広告のラベルとは、広告の上に表示される文字?のことで

f:id:bunntinnmalu:20180130192152p:plain

一般的に「スポンサーリンク」や「広告」としなければいけません。ですので「おすすめの広告」や「広告だよ」などのようなラベルにしてはいけません。

コンテンツ編

アダルト系のコンテンツは一切NG

Googleアドセンスの広告が貼られたページは、基本的に誰が見ても問題ない内容であることが基本原則です。ですので未成年や女性に見せられないアダルト系のコンテンツは一切NGです。またアダルトサイトへのリンクもNGです。これにはアフィリエイトリンクも含まれており、テキスト・イメージを問わず禁止されています。

過度に下品な言葉遣いもNG

過度」という基準が人それぞれなので範囲を決めることは難しいですが、下ネタ系は一切NGだと認識してよいでしょう。

著作権侵害はもちろんNG

著作権フリーかつ商用利用が可能な写真・イラスト等以外の画像、他の方の記事をパクる行為、そして著作権侵害をしている動画の使用もいけません。記事内で動画を使用する際は、必ず動画提供者の承諾を得るなどをしなくてはいけません。

グロイもの・差別・暴力・人権侵害・麻薬・その他絶対にNG

この記事を読んでいる方はある程度良識がある人だと思うので、ここで詳しく書かなくても言いたいことは分かると思います。

タバコやタバコ関連商品の販売は全面NG

たばこに関する情報などはよいですが、たばこ・たばこに関連する商品の販売は一切禁止されています。これにはアフェリエイトリンクも含みます。

処方薬の販売はNG

違法薬物の取り扱いはもちろんのこと、処方薬の販売・宣伝、または販売ショップへのリンクも禁止されています。しかし、処方薬の情報などはOKです。

ギャンブル関係は一部NG

日本では公営ギャンブルを除き、個人または複数で金銭をかけたギャンブルを一切禁止しています。なのでアフィリエイトを含むオンラインカジノへのリンクは禁止です。しかし、金銭をかけないギャンブル(ゲーム)・パチンコ・パチスロ・競馬等の解説などはOKです。

アルコール飲料の販売は全面NG?

これに関しては、「ワインはOKで、ビールはNG」という情報もあるみたいですが、アドセンスプログラムポリシーによると「アルコール飲料のオンライン販売」と書かれているため、ワイン・ビール問わずNGなのではないかと考えています。仮に「ワインはOKで、ビールはNG」という情報が正しいにせよ、未成年がそのページを見る可能性も否定できないので、お酒に関する販売等を行うことは推奨できません。

YouTubeやネットフリックス等の動画のダウンロード方法の解説はNG

これはハッキング・クラッキングの中の一部で、上記の方法を解説することは、著作権の侵害に当たりますので、絶対にしてはいけません。

花火・スタンガン・エアーガン等の宣伝・販売はNG

武器や兵器に関連する商品の販売・宣伝は規約違反となります。花火に関しては「爆発物」の扱いになりますので、これもNGです。

授業や講義の課題や提出物の配布・販売もNG

友達や同級生から頼まれたとしても、サイト上で、授業や講義の課題を配布・販売してはいけません。

偽造品・海賊版のCD・DVDの宣伝・販売はもちろんNG

これらももちろん著作権の侵害なのでNGです。また気づかず偽造品などのアフィリエイトリンクを張ってしまう可能性もありますので、アフィリエイトリンクを張る際は十分に調べた上で貼ることを推奨します。

SEO目的の意味のないキーワードの羅列・過剰なキーワードもNG

検索上位を狙うために、意味のないキーワードを羅列したりすることは、SEOスパムとみなされる行為なのでNGです。

広告の配置編

ボタンなどのすぐ近くに広告を設置し誤クリックを招いてはいけません

ブログランキングのクリックバナーや読者登録ボタンの近くに配置し、ユーザーが間違ってクリックをするような場所への広告の配置をしてはいけません。

コンテンツがないページへ設置してはいけません

流石にする人はいないとは思いますが、コンテンツがないページへの広告の設置は禁止されています。ただ検索向け AdSense とモバイル検索向け AdSense ではOKです。

ページのさまざまな要素に設置し、ユーザーを困惑させてはいけません

これは広告だな」と認識できない配置方法は禁止されています。

ポップアップ・ホバーウィンドウへの設置をしてはいけません

以下の画像のうち、青枠の部分がアドセンス広告を指しています。このように、複数の部分をまたがって広告を設置することは禁止されています。

f:id:bunntinnmalu:20180130182029p:plain

追尾してくるエリアへの設置はしてはいけません

このはてなブログでもカスタマイズすれば導入できますが、追尾してくる(記事をスクロールしてもついてくる)エリアへの広告の設置は禁止されています。

他の要素と被るレイアウト・デザインを施して広告を配置してはいけません

ユーザーの誤クリックを招くために、リンクやメニュバーに広告を重ねて設置することは禁止されています。また、他の要素と広告の間に余白がまったくない配置もNGとされています。

最後に

ここまでアドセンスプログラムポリシーで規定されている禁止事項の中でも、間違ってやってしまいそうなこと・覚えておかなければならないことを抜粋してご紹介しましたがいかがだったでしょうか?少しでも参考になったのであれば嬉しいです。ちなみもこれは抜粋ですので、本文を読みたい方はこちらからお願いします。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。