BUN HACK

起業を目指す高校生の備忘録

ブロガーになって身についた3つのスキルを高校生がご紹介!

f:id:bunntinnmalu:20180414125506j:plain

はいお馴染み!高校生ブロガーのぶんたでーす

最近ですね、ブログの更新が3日間くらい出来ていませんでした。まぁ僕のブログを楽しみに見てくれている人がどれくらいいるのかは分かりませんが、仮に楽しみにしてくれている人が一人でもいるのであれば、その方には申し訳ないことをしました。

毎日更新はおそらく今後もできないと思いますが、2日に1回くらいを目標に記事を書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、今日はですね、何を話すのかというと、タイトルにもある通りブロガーになって身についたスキルについて、大まかなものを3つ、自身の経験を交えながら雑談形式で書いていきたいなと思います。

では、さっそくいきましょう!

ブロガーになって身についた3つのスキル

スキルその①:タイピング能力

まず最初にご紹介する身についたスキル、それはタイピング能力です。僕自身パソコンに初めて触れたのが小学1年生の時で、その頃は当たり前のようにタイピング能力なんて皆無・・・というよりローマ字打ちすら出来ないガキだったので、検索入力するときは勿論パソコンのローマ字表を見ながら一つ一つキーボードを打っていました。それでも回数をこなすうちに段々とキーボード打ちが得意になってきました。その頃からですかね、よく学校でフラッシュゲームをするようになったんですよ。というのも、うちの小学校にはパソコンルームという部屋があって、昼食後の20分休みとかは自由にパソコンが使たんですね。そしてそこで一つのフラッシュゲームが小学生の間で大ブームになったんです。そのフラッシュゲームというのが、「無個性戦隊○○レンジャー」。簡単に説明すると、自分が正義のヒーローとなって、悪と戦ういわゆる戦隊ゲームなんですが、これがすんごく面白くて、昼休みになったら、みんな猛ダッシュでパソコンルーム向かって、せせっと敵を倒していました(笑)

話がそれてしまいましたが、ブロガーになってかなりタイピング能力が向上したと思います。実際、高校2年生の頃に、「情報」という教科があって、予め用意された文章を予測変換なしでワードに入力するという課題がよく出されたのですが、周りのクラスメイトよりかは断然にタイピング能力が高いので、クラスの中でも1位か2位を争う実力はありましたし、今では10分間で800文字くらい打てるようになりました。まぁタイピング能力って、言うまでもなく社会では必須のスキルですし、高校生のうちからこうやってタイピング能力を高めておくと、社会に出た時に大きなアドバンテージになると思うので、常々ブログをやっていて良かったと今でも思っています。

スキルその②:コミュニケーション能力

身についたスキル2つ目は、コミュニケーション能力です。皆さんがよく思い描くコミュニケーション能力は、人との会話で育まれると思われがちですが、必ずしも人との会話だけで育まれるとは限りません。 何故ならブログというのは、文面を通じたコミュニケーションだからです。筆者が記事を書いて公開して、読者がそれを読みコメントをすることは、日常生活で行われるコミュニケーションと何ら変わりありません。ただ「対面」という要素がないだけであって、自分の意見を表明して、それに対する反応があって、そしてその反応に対して反応することがコミュニケーションではないということではないのです。ブロガー中には、よく自分を「コミュ障」と称して自分を卑下する方がいますが、それは間違った自分の捉え方だと思います。日常生活の中であれ、ブログの中であれ、 自分の意見に一人でも反応してくれる人がいるのであれば、それは「会話」です。残念ながら今の社会は、「対面」の場においてどれほど会話ができるかということが重視されています。学校にしろ、会社にしろ、対面での会話が苦手な人は「コミュ障」というレッテルが張られてしまい当の本人も自分を「コミュ障」だと認めてしまいます。そうなると何をするにせよ自分はコミュ障だから」という理由で断ってしまい、本当に誰とでも話せなくなってしまいます僕だって皆さんが思い描くようなコミュニケーション能力を持ち合わせているわけではありませんが、だからと言って自分を「コミュ障」だとは思いません。話の路線がだいぶ反れてしまいましたが、何が言いたいのかというと、僕は「ブログ」という場を通して、自分の意見や考え方を表明して、それに対する反応があり、そしてその反応に対して反応することによって、少しづつコミュニケーション能力が育まれ、その能力が日常生活でも活かせているということです。そのおかげもあってか、ブログを始める前と後では、初対面の方とでも仲良くなったり、いつも会話で盛り上げられる立場だった僕が、逆に盛り上げるほうに回ったり、他校の女子をナンパしてみたり・・・それは違うかな?ともかくブロガーになって、本当に自分をよい方向に変えることができたので、「ブログの力はすごいんだ!」ということを改めて認識させられました。

スキルその③:他者を受け入れる力

身についた3つのスキルの内一番最後のスキルは、他者を受け入れる力です。他者を受け入れる力と言っても解釈によって様々ですが、ここでの解釈としては「他者の考え方を受け入れること」と「人の話を聞くこと」です。「人の話を聞くこと」とか書くと、「人の話を聞くことなんて当たり前」と言う方がいますが、この力って大人ですら出来ていない人が沢山いるんですよ。それくらい難しい力でもあるんですが、ほかの方のブログを常日頃から読んでいると、自然と最後まで人の話を聞けるようになってきます。人の話を最後まで聞けるようになるということは、最後まで他の人の考え方に反発しないことになるので、結果的に他人の考え方を受け入れることになります。ブログの良い所の一つでもあるのですが、ブロガーになると当たり前のように様々な考え方の人と沢山巡り合うことができます。Twitter等のSNSが普及した今では、他のブロガーの方と関わる機会も増え、「ブロガーオフ会」なんてことも近年では増えてきていますよね?それくらい他者と関わる機会って、日常生活ではあまりないと思うんですよ。学校だって、せいぜい多くて一クラス40人くらいですし、40人たって、全員が全員友達ってわけでもありません。なおかつ「対面」なので、なかなか関わることも難しいです。その点ブログならば、顔が見えない分比較的関わりやすいので、多くの考え方に触れることができます。そうすると「お!こんな発想があったのか!」とか「ここの部分の考え方は合わないけどこっちの部分は合う!」なんてことよくあるんですよ。実際僕も、ブログに出会ってから、かなり他者を受け入れる力も付きましたし、仮に、自分と合わない意見が出てきたとしても、すぐに耳をふさがすに最後まで聞けるようになりました。これによって、すぐカッとなって喧嘩ごとになったり、人間関係が悪くなってしまうこともありません。まぁ僕自身、親が教師なのでそこら辺の力は元々人並み以上にあると自負していますが、よりその力が身についたと実感しています。

まぁこんな感じでブロガーになって身についたスキルを3つご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。途中途中話がそれてしまいましたが、伝えたいことが伝わればこの記事の目的は達成なので、その辺はまぁご愛嬌ということで(笑)

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。